20180612-1




ここのところの保存食ブームで
冷蔵庫のフォーメーションを見直しました。

まずは最近増えた塩麹と醤油麹 
かなり以前に紅茶やコーヒーの保存容器として使っていた
ガラスのキャニスターが麹チームにピッタリ。




20180612-1-2




■スタンンダードガラスキャニスター ステンレスリッド400ml





保温調理器で一度に作る量に最適だし
かき混ぜやすい扱いやすいサイズです。




20180612-2
もう1つは味噌汁用のあごだし。



最上段のデッドスペースに
引き出せるようIKEAの収納ケースに並べて収納。




20180612-3




週に一度まとめて調理するときに使う頻度的にも
最適な場所に収まりました (´▽`)♪




そして中段の奥は絶賛消費中の梅干しと
たまに買うキムチの指定席。




20180612-4





右のトレーは納豆や豆腐や油揚げ
ウィンナーなど使いかけの加工品。

消費の急ぎ具合でグループ分けするのが好みの私としては
このトレーは物が急ピッチで出入りするグループです。

しょっちゅう見るので消費期限が短いものも
忘れずに消費できているようです。




そして残りのスペースは
こうして週末には作り置きで満杯になり。




20180612-5




木曜日あたりには空っぽになるスペースです(*゚▽゚*)




そして下の段は
中2階的な奥のスペースに粉物や調味料。




20180612-6




冷やす必要のないものばかりですが
常温で置く場所が少ない我が家
ここが一番使いやすく長年このままです。

そうして変わったのはその下。

ここのところ我が家の保存食レギュラー決定の
酢にんにくと酢生姜が野田琺瑯の持ち手付きストッカーに。




■野田琺瑯持ち手付きストッカー 角型L




つい最近まではさらに同じストッカーに味噌を入れていたのですが。




20180612-7





新入りのぬか床の仮スペースとなり(^^;)



↓かき混ぜにくいここで作ってるいきさつ。。。







100均の味噌ケースにお世話になることに。

並んでいるちょっと違うサイズのストッカーがそうです。




20180612-8




パックごと入って楽チン♪

微妙に口が狭い野田琺瑯
もちろん味噌をきちんと入れ替える丁寧な暮らしの人向きかと思われ。。。

中途半端なこだわり屋なだけの私は
移し替えなくてもスポッと入る袋タイプを押し込んでいました(* ̄∇ ̄*)

まあまあ使いづらかったです。。。




20180612-9




そしてここは味噌の手前に残り味噌汁の小鍋。

味噌汁を作るときにはここには鍋がないので
スッと味噌は取れます(´∀`*)

そして隣にもう1つ鍋があったりもしますが
空いていれば野菜室よりこちらの方が使いやすいので
野菜のスタンバイボウル。

さらに右にぬか床の持ち手ストッカー2つ。




とうわけで
バラバラといろんな保存食や発酵調味料が増えつつも
なんとか収まり良い冷蔵室が維持できています。




ちなみに
下の部分にある BOXのうち1つは
レーズンや塩蔵ワカメなど開封済みBOX。




20180612-10




できるだけ急いで使いたいな〜というものなので
少しだけ残して忘れてしまいがちな桜エビや干し椎茸のような乾物まで
ついでに入れてしまっています(^^;)

隣は未開封の要冷蔵の物
こんにゃくやワカメやいただきものの佃煮など
比較的賞味期限の長いものにしています。




私の場合は
使う頻度や消費すべきスピードごとに
スペースをまとめると使い忘れがないようです。

そしてポッカリとリセットする部分が
定期的にできるので全体の掃除もしやすくて。

物が増えても
自分がストレスなく使える冷蔵室のコツがちょっとつかめてきた最近です。




+++++++++++




LINEで更新通知が受け取れます。
ご登録ありがとうございます!!!







+++++++++++




ランキングに参加しています。
頑張れ〜!とクリックしていただけるとうれしいです♪



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ





+++++++++++




インスタグラムも♪ 
▽ 
 
Instagram




+++++++++++



少しづつ導入中♪

にほんブログ村テーマ 保存食へ
保存食

とはいえスッキリ収めたい(^^)