壁一面の大型本棚を分解して処分してから
一度しか読まないことが多い小説系の本は
オーディオブックで読むようにしてみました。




外出時に忘れがちな老眼鏡なしでも読めるという利点も(^^;)





9月に聴いた
引き続き個人的再ブーム中の角田光代さん2冊。









うわ〜やっぱりいいな〜この表現!この感じ!
また一人盛り上がってしまいました。

というわけで今月も
オーディブルで初めて見つけた角田光代さんのエッセイを
聴いてみました。









もともと犬好きだった角田さんですが
飲み会で初めて会ったあの『毎日かあさん』の西原さんに
子猫を譲り受けることになり。

その猫との生活を綴ったエッセイです。

これがまあ
それなー!な絶妙すぎる表現オンパレード。




俗にいう
犬派と猫派って・・・に思うこととか。

『BC』(BeforeCat 猫を飼う前)と
『AC』(AfterCat 猫を飼った後)の変化とか。

猫を飼って初めて
子どもが病気になったときの
世のお母さん方の気持ちが心底わかったとか。

実家時代は芝犬を飼っていたので
ガッツリ犬派の私ですが
そうそうそう〜〜〜〜!!!と頷きまくり。

”猫をみくびる”の章では
「何者かに愛情を感じるのは相手をみくびっているとき」
なんていう切ない表現力に共感しまくりでした。




そういえばうちの子がもっと小さかった頃。

あまりにもやることなすことが
そのかつての芝犬を彷彿させるので
「もしかしておまえは龍之介なの?」芝犬の名前が龍之介。
と本気で生まれ変わりか聞いてしまったことがありました(笑)

夜泣きが酷くて隣に迷惑じゃないかと
寝巻きで抱っこして近所を徘徊したり
食いしん坊すぎて手こずったり。




20221103-1
在りし日の龍之介。に、似てる。。。




2歳児には眉間に皺を寄せて
オレ龍之介じゃない!と一蹴されましたが
本気で思ってしまった母でした。

でもあれはうちの子が芝犬に似ていただけでなく
与えてくれる心境が当時の感情と被ったんだな・・・きっと。

このエッセイにも
我が家の猫がやってきていろいろ変わった
私自身が変わって
私の見る世界が変わった・・・

そんな表現がありましたが
犬であれ猫であれ子どもであれ
何か強烈に愛しいものがある生活って
世界が変わるんですね。

そんなふうに書くと
そりゃそうだなんですが。

角田さんが書けば
日常的なエピソードもシミまくる。

もう胸がいっぱいになる素敵なエッセイでした。




というわけで
この辺りでちょっと角田さんは休憩で。

今聴いているのは
上下巻30時間以上かかる大作。

今月中に聴き終わるかしら。。。




一方
紙の本はこんなデザイン本を発見。




20221103-2




これがすごく素敵な一冊でした。

何か手作りで紙面をデザインするときに
参考にできそうなデザインが
もうたっくさん♪

NGポイントの解説もOKポイントと比較して
わかりやすくまとめてあります。

配色センスや文字バランス
フォントのセンスも勉強になる〜

魅力的に魅せる写真の構図も気になりました。










ようやく復活したインスタで
トップページのバランスを考えるときにも
参考にしたいな〜と思います♪




+++++++++++

▽Click!
インスタ復活しましたの。

Korecara.sumi instagram

+++++++++++

▽Click!お気に入りはROOMにまとめてます。

watashinoroom

+++++++++++

▽Click!
LINEで更新通知が受け取れます。



+++++++++++

Click!応援クリックもぜひ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

+++++++++++

Click!その他コラム掲載。
 
   GATTAブログ用バナー
  

   ロゴ


中国四国電力

   HFCrogo 2

ABCcooking