今年も味噌づくりシーズンがやってきました。 

ストウブではうまく炊けなかった大豆。

いつもならこの時期
実家に帰るついでに圧力鍋を借りてくるのですが。。。

こんなご時世になってしまい
昨年はわざわざ宅急便で送ってもらいました(^^;)

今年も送ってもらうの面倒だな〜
でも年に一度しか使わないものを買うのもな〜
と迷っていたら。

見つけてしまいました。










お手頃価格すぎる圧力鍋(゚∀゚)!!

2週間前に購入したときは
期間限定でさらに安かったのですが
今のお値段でも十分に魅力的。

この4〜5倍を想定していたのでびっくりでした。

宅急便代を考えたら買っちゃった方が良いじゃん!




20220216-1




というわけで
アイリスオーヤマ製 圧力鍋届きました。

今まで使っていたWMF製が4.5Lだったので
少しだけ容量アップの5L。




似ています(^^)




長い取手を右にずらしてパカっと蓋を開ける感じとか
大きさも重さも似ていて扱いやすいです。




ただ
WMFの鍋はボタンがグーンと上がってくるので
そこに書かれているラインで圧のレベル状態がわかるのに対して。




こんな感じでわかりやすい。
20220216-2




アイリスオーヤマの鍋は
レベル1か2で最初にダイヤルをセット。

豆類はレベル2。








そして
”蒸気が出てきたら圧がかかった合図”
だというのだけれど
最初はどういうことかわかりにくくて。

違うところから出てきた蒸気で
よしOK!とガスを弱めてしまった〜(ノд・。) 

おかげで一番最初に炊いた大豆が硬くて
煮汁を足しながら無理やり潰しました。。。




20220216-3




2回目からは
正しい蒸気が判断できて成功♪

ものすごくちょうど良い柔らかさ〜




そして
毎度噴きこぼれとの戦いの大豆炊きですが。

アイリスオーヤマ製は
豆類の最大量ラインが明記されているので
静か〜に炊き上がる♪









大豆(浸水前重量)500gに水1Lがラインピッタリ。

豆の炊き上がり具合もいい。




そして今までは古くてなくなってしまっていた
圧力鍋の取説を改めて読めたのですが。

豆を炊くときは
ステンレスの落とし蓋や蒸しカゴを乗せるのだそう。




20220216-4





すると剥がれた豆の薄皮で
穴が詰まったりしにくいのだです。




20220216-5




おお〜(*゚∀゚)

いつもは薄皮でグシャグシャになるのに
全然剥がれてないよ!

蓋一つでこんなに違うのね〜

おとなしく炊かれていたようです。




そして最後
圧が抜けたサインは
アイリスオーヤマの鍋の方がわかりやすい。









このロックピンがプシューっと
ものすごくわかりやすく下がるんです(⌒-⌒)




というわけで新たな鍋で
最初ちょっとモタつきましたが
今年も無事に仕込み完了。




20220216-6




今年の夏も暑いのかな〜暑いよね〜




20220216-7




昨年の教訓。

発酵爆発対策でオムツを履かせてみました(⌒-⌒;)




美味しくできますように〜




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アイリスオーヤマ製バージョンMEMO
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)2晩浸水した大豆(浸水前重量)500gと水1Lを鍋へ

2)蒸し板を乗せて蓋をしてダイヤル2にセット

3)強火にかける

4)ダイヤル部分から蒸気が上がったら弱火で5分

5)火を止めて25分でロックピンがプシュッと下がる

6)ダイヤルを減圧に回して蓋オープン

*8kg味噌ならこれを4回戦です。



↓その他の手順はこの流れがスムーズ。





↓麹は要冷蔵なので場所とります(^^;)つくる前日に届くように手配必須。






+++++++++++




LINEで更新通知が受け取れます。
ご登録本当にありがとうございます!!







+++++++++++




ランキングに参加しています。
お疲れ〜と
クリックしていただけるとうれしいです♪



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ




+++++++++++




こちらのメディアでもコラム掲載中です♪

GATTAブログ用バナー



ロゴ




+++++++++++




インスタグラムも♪ 
▽ 

Instagram






+++++++++++




少しだけ丁寧な暮らし気分(^^)

保存食 料理ブログ・テーマ
保存食

*日々の暮らし手帖 ライフスタイルブログ・テーマ

*日々の暮らし手帖

丁寧な暮らし ライフスタイルブログ・テーマ
丁寧な暮らし

暮らしを楽しむ ライフスタイルブログ・テーマ
暮らしを楽しむ