思い切って
鉄フライパン『turk』に手を出した昨年。




買って半年後くらいの喜んでる様子








 


その後も
ずっと満足が続いています(´∀`*)




買う前によく見かけていた
「手入れが少し面倒」というワードは
いまだに全く感じません。

お湯でジャーっと流し洗いして
火にかけて水を飛ばしたら終了!って。




ラクしかないv( ̄∇ ̄)v




つい加熱しすぎちゃったり
こびりつきをゴシゴシしすぎちゃったり
うっかりやってはいけないことが多かったのは
断然テフロンフライパンの方だった気さえしています。




というわけで
劣化激しく買い替え必須だった小さなフライパンは
今後買い替え不要のturkに変更となり。

こんなにいいなら
大きいバージョンの鉄フライパンも欲しい!と
なったわけですが。

ここで唯一のturkの問題。




・・・とにかく重い〜〜〜(´д`;)




これ以上大きなturkは無理だな〜と。。。

調理中は振ったりあまりしないで
じっくり火を通してガサッと返す感じなので
重くても大丈夫だとは思うのですが
シンクに運ぶとかそれだけでも不自由になりそう。。。

そんなことをブツブツ言っていたら
我が家のリサーチ王(夫)が
いいものを見つけてきてくれましたヾ (´▽`)ノ♪




20200113-1




その名も『魔法のフライパン』.。゚+.(・∀・)゚+.゚









鋳鉄製のフライパンです。

以前から話題だったとはいえ
うちが頼んだ時はそんなじゃなかったのに
今現在なんと納品まで4年待ち!(゚∇゚ ;)

テレビ番組などで紹介されたらしく
人気急上昇中のようですね〜




さてこのフライパン
何が『魔法』かといえば。




20200113-2




薄い!そして軽い!




20200113-3




絶妙な炭の配分量を研究して
開発に10年もかかったという
鉄鋳物フライパンとして世界初の1.5mmの薄さなんだそうです。

重さも我が家の28cmサイズで1150g!

22cmのturkが1100gなのでほぼ同じ(゚∀゚)




薄くて軽くても
裏にあるリブの効果で強度があって丈夫なんだそうです。




20200113-4




そしてturkと同じく
取っ手と本体が一緒。




20200113-5




他にも薄い鉄フライパンはあるのですが
取っ手と本体を接続する部分があると
「一生もの」のネックになりそうな気がして。。。

買い替え不要フライパンに
取っ手の一体化は絶対条件でした( ̄ー ̄)




そんな
いいことだらけの『魔法のフライパン』。

デメリットといえば
「とにかく手に入りづらいこと」ぐらいでしょうか。

あとは
もう少し小さなサイズがあるといい。

その点は
小さなサイズも充実しているし
比較的手に入りやすいturkに軍配が。





20200113-6




というわけで
大小適度なサイズをカバー。
重さもこのあたりが適当だろうという1kgちょっとで
両方抑えられたフライパン選び。

これにて
買い替え不要のフライパンライフが無事完成しました♪




+++++++++++




LINEで更新通知が受け取れます。
ご登録ありがとうございます!!!







+++++++++++




ランキングに参加しています。
祝!買い替えなしのフライパンライフ!と
クリックしていただけるとうれしいです♪



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ




+++++++++++




こちらのメディアでもコラム掲載中です♪

GATTAブログ用バナー



ロゴ




+++++++++++




インスタグラムも♪ 
▽ 
 
Instagram




+++++++++++



鉄フライパンのおかげで
ますます料理がシンプルに(^^;)